ミノキシジル


 
ミノキシジルは血管拡張薬であり、元々は高血圧の治療に内服薬(商品名ロニテン Loniten)として使われていました。
 
しかし、この薬の副作用として毛髪が伸びたり、脱毛が改善したりすることが発見され、1980年代に米国アップジョン社の「ロゲイン Rogaine」2%溶液が脱毛と禿髪の治療薬としてFDAの認可を受けました。
 
ロゲインは頭皮への局所用として使われるが、男女とも数か月の使用で25%に毛髪の成長が認められます。
 
新たに伸びた毛髪は赤ん坊の毛のように細くて色が薄いことが多く、主に頭頂部に生え、生え際には効果がない。この効果は時間とともに減弱します。
 
副作用で最も多いのは皮膚(頭皮)の刺激症状です。
英国の患者用パンフレットには副作用として「めまい」「動悸」も掲載されています。
 
ミノキシジルは頭頂部には効果があるが、前頭部の男性型脱毛には効果がないと言われている。48週間の調査研究によれば、5%ミノキシジルでは51%の男性に頭頂部の改善が見られたが、2%ミノキシジルでは42%という結果でした。
 
プラセボでも13%に効果が見られました。
効果が見られた被験者のうち、頭頂部で中等度改善〜著効だったのは5%ミノキシジルで19%、2%ミノキシジルで10%、プラセボで3%でした。
 
ミノキシジルの薬理作用は良くわかっていないが、他の血管拡張薬には同様の効果が見られないことから、血管拡張作用のみが毛髪の再成長に関与している訳ではないです。
 
美容形成外科などを中心にミノキシジルの錠剤を処方する医師が存在するが、ミノキシジル錠は日本では認可されてはいません。
 
医師が治療の為に輸入することは厚生労働省によって認められているが、輸入した医師の全責任のもと処方されます。
 
こうした状況下でのミノキシジルの内服によって万が一、死亡したり重大な副作用が残ったとしても、国の医薬品副作用保護制度を受ける事はできません。

サブコンテンツ