男性型脱毛症

男性型脱毛症(だんせいがただつもうしょう)
 
英語(androgenetic alopecia、androgenic alopecia、alopecia androgenitica=AGA)
は、思春期以降に発症する進行性の脱毛症の事です。
 
「男性型脱毛症」という訳はむしろ「male-pattern baldness」に近いが、日本での通例としてこの訳を用いた)AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなります。
 
また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。
女性の場合には「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれています。
男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなり、完全な禿髪になることは稀です。
 
AGAは遺伝的な要素が大きく関わっているといわれています。
男性ホルモンのジヒドロテストステロンの作用によって引き起こされます。
男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つ。 AGAは、前立腺癌と深く関連しています。

サブコンテンツ