脱毛と遺伝子

研究者は両親から受け継いだ種々の遺伝子がAGAに関与していると考えています。
男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝的多型は脱毛に関連していて、この遺伝子はX染色体上にある為、母方の祖父や祖母から遺伝します。
 
常染色体の3q26や20p11上にも疾患関連遺伝子の存在が知られている為、父方の脱毛が息子の脱毛に関連することも知られています。
 
男性ホルモン受容体はDHTや他の男性ホルモンに反応します。
 
ARには遺伝的多型があり、毛包での男性ホルモン受容体の感受性が異なります。
こうした遺伝的多型が男女のAGAにおける脱毛リスクに関係していると思われます。
AGAの発症には、遺伝と男性ホルモンが関与していて、一般的には家族性に現れる傾向があると見られています。

サブコンテンツ