デュタステリド

2001年グラクソ・スミスクライン社はもう一つのアザステロイドであるデュタステリドを発表しました。
 
デュタステリドは「アヴォダート avodart」「アボルブavolve」として販売されています。
 
フィナステリドと同様に、デュタステリドは元々良性前立腺肥大(BPH)の治療薬として開発されたました。
 
フィナステリドの効かない1型5-αリダクターゼも阻害するのが特徴で、毛髪の数を測定した研究では、2.5mgのデュタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果が認められた(直径1インチの範囲でデュタステリドは108本の毛髪再成長が見られたのに対し、フィナステリドは72本)。
グラクソ・スミスクライン社はFDAの脱毛症研究をフェーズIIで中止しました。
 
中止の理由は明らかにされていないが、デュタステリドがフィナステリドによく似ている為に商業的な成功が期待できなかったからではないかと推測されています。
 
この為、用量2.5mgのアヴォダートは発売されませんでした。
BPHについてのFDAの臨床研究の結果、アヴォダートが第一選択薬となりました。
 
5mgのアヴォダートは脱毛症の治療薬としてネット上の「グレー・マーケット」に出回り、医師も「ラベルなし」の処方薬として出すことが多くなっています。
 
2006年12月、グラクソ・スミスクライン社は新たにフェーズIIIの研究に乗り出しました。
これは韓国での6か月間の研究で、頭頂部の男性型脱毛症(Hamilton-Norwoodスケールでtype IIIv, IV, V)に対して1日1回0.5mgの内服での安全性、耐用度、効果を調査するものであります。
FDAがアヴォダートに男性型脱毛症の治療薬としての認可を与えるか否かは未定であす。

サブコンテンツ