植毛

syokumou
 
植毛とは、毛が薄くなったり細くなったりした部位に、側頭部や後頭部(ドナー部)から脱毛抵抗性の毛包を移動(移植)するものです。
 
移植された毛包は脱毛しにくい遺伝子をもっており、ほぼ生涯にわたって毛髪が伸び続けます。
 
初期は大きな移植片を用いていたが、技術の発達により最近では1-4本の毛髪を含む小さな移植片を多数用いるようになっています。
 
元々毛髪は1-4本が集まって「フォリキュラー・ユニット」を形成しています。
 
最新の植毛手術ではこのフォリキュラー・ユニットをそのまま移植するので、より自然な外観となる。この新しい植毛法を「フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション」といいます。
植毛手術によってより自然な外観が得られるようになった為、脱毛症の治療に選択肢が増えました。
 
もう一つの治療法として頭皮切除があります。
 
これは、脱毛した部分を外科的に切除するものです。
切除した部分は周囲の皮膚を引き寄せて縫合するという方法です。
 
この方法には傷跡の問題や、頭皮の伸展性の限界の問題などがあり、怪我や熱傷による小範囲の脱毛などのごく限られた目的以外では行なわれません。

サブコンテンツ